日本は金融制裁カードを持っていないとお隣さんが主張!その根拠が…?【にほんのチカラ】 “

お仕事お疲れ様です! 今日もご視聴ありがとうございます。今回あなたにおとどけするニュースは、

日本は金融報復できずにいる事を、お隣さん政府側が主張!その根拠とは・・・?

お隣さん大統領府の政策室長が、「日本はお隣さんに金融報復はしない」と言うを趣旨の発言をしているようです。今回はこの件に関する記事を取り上げつつ、それに対する日本とお隣さん両国の人たちの反応を合わせて、皆様にご紹介していきます。お隣さん、ファイナンシャルニュースなどによると、お隣さん大統領府のキム・サンジョ政策室長が「日本はお隣さん大統領府に対する、金融方法カードを持っていない」と分析したようです。お隣さんでは最近、日本がお隣さんを輸出管理上の、優遇措置の対象となるホワイト国から除外するなど、

日本とお隣さんの経済対立が深刻化していることを受けて、1部からは、「1997年のIMFの時のように、日本がお隣さんに投資した金融資産を回収する可能性がある。」と懸念する声が上がっています。これに対して、キム室長は出演したあるラジオ番組で、「日本がまるで、20年前のIMF通貨危機の時のように、お隣さんに金融危機を誘発できるというフェイクニュースです」と述べて、「日本企業のお隣さんに対する、貸し出しの割合を見ただけでも、20年前とは雲泥の差があり、

金融報復は日本のカードの中にはないでしょう」と主張しました。その上で「希望と意志を持ち今回の事態を、できるだけ早く対処して解決したいのですが、長期化する可能性にも備えています」と述べて、「発生可能なすべての場合に対して、いろんな準備をもしています。お隣さん政府はそこまで無能ではありません」と強調しました。 お隣さん側は、ホワイト国から除外されると優遇措置がなくなってしまい、個別許可が必要な品目が、これまでのフッ化水素、フッ化ポリイミド、レジストの3品目から一気に1000以上に増えてしまい、


大きな影響与えるとよく言われていますが、実際には「特別一般包括制度」がありますので、普通のまっとうな企業にはほとんど影響がないそうです。このような戦略物資や工作機械などといった輸出管理強化と言う側面より、むしろホワイト国除外によって、貿易取引におけるLC (信用状)発行の時に、経済産業大臣の許可が必要となりお隣さん側からしてみれば、「信用状の発行が難しくなるかもしれない」と言う懸念が生じているようです。お隣さんtの「ウォン」は、国際通貨ではなく、お隣さん系の銀行も信用度が低いので、

お隣さんの銀行の信用状をさらに、日本の銀行が保証しているわけなのですが、それを打ち切ることも可能としてあり得る事です。 優遇措置を止めるだけで、理由などいくらでも見つけられるでしょうね。 経済制裁等は必要ありません。日本のお隣さんのお墨付きがなければ、 米ドル決 済もままならなくなるでしょうから、 それだけで もお隣さんは大変なことですよね。日本側がちょっと何か咳払いするだけで、 ウォン が売られ貿易赤字が増える可能性があります。

これはお隣さんのように輸出依存した国には、かなり致命的なことですよね。 それが全てだとは 思いませんが、 お隣さんが日本のホワイト国除外 で戦々恐々としているのは、そういった部分も大きいのではないでしょうか? なので、 あえてお隣さん側は 「金融報復なんか、 もちろんするわけありませんよね?」とわざわざ言っているような気がします。 お隣さ んの言動は大体、 裏返しで考えるとわかりやすい ので、「金融報復カード何かあるわけない」と言う場合 は、 「金融報復カードは使わないでください」と 言う、

言葉の裏返しだと言えるでしょう。それこそがお隣さんの急所なので、 すなわち 「1番 やってほしくない!!」 事となりますね ! どちらにし ても金融制裁関連は、お隣さんに致命的な打撃を与える可能性があり、 よっぽどのことがない限りは実際に日本も簡単に は使えないでしょうし、使い所も難しいような気がします。 露骨にやれ ば、 逆に日本が国際社会の反感を買う可能性も あるでしょう。この件に関して日本とお隣さんの両国国民から、 様々な意見が寄せられましたので、 そちらの1部 をご紹介していきます。

phan ung

韓国は植民地ではない、、、戦後、望んだ併合を強制植民地としたのは李承晩。そして李承晩ラインで竹島占領、日本人漁民4000人近く拿捕。基本条約での異常な国家予算3倍もの協力金は、裏を返せば日本人漁民の身代金。占領、拿捕、監禁で、多数の日本人漁民が死亡し、漁船も返還されていない。さらに特別永住権に犯罪者強制釈放も身代金の産物、これが戦後韓国が日本にした蛮行。韓国の真実は、GHQの意向を利用し、多額のお金を奪った悪質な身代金犯罪国なのです。

韓国は、国も人も日本を甘くみている。それは、歴代の日本政府が実際に甘い対応をしてきたことは事実。またそれが韓国人に深く浸透してしまったことも事実。だが、それを知ったところで、今、このタイミングでどのような手段があるか。となると、大きな金融制裁をして、日本が甘くない国であることを国内外にも解るようにするべきだと思う。

「日本からの借金が多いから、日本は金融制裁ができない」との超間抜けた見解。そもそもK国が借金を返済するようなまともな国か!借金や代金は踏み倒すのが国是の国。この解説の通り「金融制裁はしないでください」との願望ですね

報復?何言ってるの?断交すれば全て解決でしょ。金融制裁だと黒く見られるかも知れませんが断交なら今までの悪事を世界中が認識して来てるんです。断交しても日本に賛同する国の方が多いでしょうし信用状も何も白紙になりますから勝手に発動されるだけです。あとは貸した金は国際裁判所でハッキリさせれば断交の裏付けのダメ押しになるね。それでも踏み倒すでしょうからw

金融報復だのなんだのって日本はやる必要ない。制裁だの報復だのっていうのは関係を維持するための行為だから。関係を断ち切りたい日本の場合は、日本企業の撤収と非韓三原則を貫くだけ。

日本による信用状発行は、缶国の大統領が日本領土の竹島に上陸した時点で終了しています。今後も発行の予定は有りません。勝手に債務不履行で国家破綻になるでしょう。さようなら。

確かに日本が金融制裁するには時間が掛かるかもね。現在も韓国への日本企業からの投資金額は大きいが、日本政府の方針に合わせて日本企業は投資額を減らしている。時期とタイミングが合えば悪者にならない方法で手を打つだろう。

報復云々置いておいて、韓国国内の経済状況、米中と組んだスワップでの借金、イランへの原油代、その他諸々考えると、なにもしなくてもただただ危険な状況だと思いますので、日本を見る前に大統領府はしっかりと自国を見つめるべきだと思います。反日煽るよりよっぽど自国のためになるでしょ。

金融制裁カードを使うのは日本じゃなくて、米国なんだよなぁ。
日本人は基本的に優しいから、経済破綻に繋がる手は使いづらい。それは事実だけど、米国は冷酷。実際20年前の通貨危機の引き金を引いたのも米国なんだよなぁ。前回は日本が助けたけど、今回は恐らく助けない。ご愁傷様。

日本の「金融制裁」は、米国の「駐韓米軍撤退」と同じくらいの確率でしょう。米軍が撤退しないと思っていれば、金融制裁もないと思えると思います。ただ、両方とも徐々に進めている状況だと思います。表立つときは一気に表面化します。現状分析の正確性と緻密性、今後の対応も一緒に考えるべきだと思います。

韓国って、すごく分かりやすい残念な人間の典型で、ヤバそうだと思う事は全て声高に大丈夫だと発信するんだよね。嘘をついた人間が、無駄にベラベラしゃべる心理と全く一緒。まあ、いずれにしても、制裁のせの字を使うまでもなく、そろそろ本当に、この国は自壊し始めているので、敢えて、わざわざ手を汚すまでも無いと日本は考えている。日本とはそういう国だという事を歴史から何も学んでない。

韓国へ最大の資金を貸し付けしていたみずほ銀行が手を引き始めたから、もう終わりだろう。もしこれで日銀が動いたら、韓国と言う国が亡びるだろう。まぁ投資した資金をギリギリまで回収しないといけないから、数年は持つだろうけどあと数年と言う事だ。

韓国が行った徴用工判決をそのまま放置していけば、他の国々にも波及するよ
東南アジア諸国ならともかく、中国あたりが蒸し返してくることは十分にありえる
そうなってからの方が、いまある状況を放置するより重大な損害となるだろう
その前に手を打っておいた方がいいに決まっている
少々の損害があろうが、韓国側が二度と蒸し返せないような思い切った報復を行うべきだろ

Post Comment