韓国が絶体絶命の危機へ! アラブが断交を表明! 石油停止で韓国経済が完全破綻となってしまう可能性が浮上www

お仕事お疲れ様です! 今日もご視聴ありがとうございます。今回あなたにおとどけするニュースは、

【隣国の反応】韓国が絶体絶命の危機へ! アラブが断交を表明! 石油停止で韓国経済が完全破綻となってしまう可能性が浮上www 衝撃の真相!

ニュースの詳細は以下の通りです。

さて、アラブ首長国連邦(UAE)では、2000年代に入り電力需要が増加したため、原子力発電所の建設が模索されました。各国の企業体が受注を進めた結果、2009年に隣国の企業連合(隣国電力公社、現代建設、斗山重工業、サムスンC&T)が隣国標準型原子炉 (140万kw級) 4基による原子力発電所を186億ドルで受注することが決定。この契約に基づき、バラカ原子力発電所が建設されました。そんなバラカ原発ですが、実はお隣さんがある事をやらかし、何とUAEとの関係が国交断絶直前まで悪化する事態た。一体何があったのでしょうか。

まず、2008年に東芝のデータサーバから、原子力発電制御システムの設計データなどが含まれていた外付けハーやディスクが紛失するという事件が起こりましたが、このときに隣国の斗山重工業という会社に技術が流出したといわれており、斗山が同じものを勝手につくって他国へ売りこむようになったそうです。そして2009年12月、斗山重工業を含む隣国企業連合がUAEから4基の原子炉受注に成功、2012年からパラカ原子力発電所として建設が進められました。

受注には、フランス電力とアレバのフランス陣営や、日立製作所とGE、エクセロンによる日米連合が名乗りをあげていましたが、これらに競り勝って原発輸出の経験がない隣国が受注したことに世界中が驚きました。ところが実際に原子炉をつくる段になると、やはり自分たちでは無理な部分が出るということで、東芝とGEに対して技術供与を依頼。東芝、GEは出来上がった原発に関して責任はもたないという条件で、売り切りで技術を供与したそうです。もうどこからツッコんでいいのか分からないですね・・・。

当初、1号基は2017年完成、2018年運転開始が予定されていました。ところが2017年8月に3号基の格納建屋で、放射能を遮断する壁に注入した潤滑油のグリスが、壁の外側にできた空際から漏れ出していることが発覚。さらに1~4号基のすべての建屋に空隙が発見され、稼働を延期せざるを得なくなりました。結果、1号機は2020年8月1日に操業開始。2号機は2020年7月14日に完成しました。4基全てが稼働すれば、同国の電力需要の25%を供給できると言いますが、果たして…。

また、この原発建設の契約時、当時の李M博政権がUAEに対して密約というかたちで、特殊な覚書を交わしていたことが発覚しました。それは、もし原発が襲われた場合やUAEがイランなどの攻撃を受けた場合、隣国軍が自動参戦するという秘密軍事協定でした。これは密約であるため表に出してはいけないものですが、現政権は一方的に暴露し、この契約は無効であると言いだしました。

2015年末に成立した慰安婦問題日K合意も、現政権はその交渉過程を暴露し、合意によって設立された財団を一方的に解散して事実上の合意破棄を行いましたが、UAEにも同じことをしていたわけです。これに対して、プロジェクトに関わっていたUAEのムハンマド皇太子が激怒、場合によっては国交断絶も辞さないというというところまで行きました。原発建設の遅延や密約の暴露など隣国側の不誠実に怒ったUAEは、隣国の麗水(ヨス)に備蓄していたすべての原油(600万バレル)を針き揚げてしまいました。

これは共同備蓄としてUAEと隣国が締結し、有事の際に隣国が優先使用できるという取り決めになっていたものです。ちなみに、日本もUAEと共同備蓄の契約を交わしています。そこで前述したように、隣国はイラン核合意によって制裁が解除されつつあったイランに接近し、イラン産の原油の利権を買いに走りました。こうして隣国がイランからの原油輸入を開始しようとしたとこる、トランプ政権に代わったアメリカは2018年5月にイラン核合意から離脱、イランに対して原油禁輸措置を再発動。

隣国はイランと物々交換によって原油を輸入する取り決めを交わしたわけです。ところで、言うまでもないですが、イランはUAEにとって最大の敵です。UAEの隣国への不満がさらに高まったのは間違いないでしょう。バラカ原発については、整備や修理、運用を担当する事業について、当初、UAEは隣国と随意契約するつもりでした。ところが、前述したような隣国の姿勢に疑問を感じたUAE側は、2017年に突然、国際競争入札に変えたのです。一方、隣国は2018年末に、バラカ原発から専門家150人をいっせいに撤収させてしまいました。

隣国側は計画的な人材交代だと説明しましたが、UAEサイドはなんの連絡もなかったと激怒。結局、2019年6月、隣国は自分たちがつくったバラカ原発の整備・運用事業を単独受注できず、外国と分け合うことが決定しました。しかも、その事業期間も5年間と短いものでした(「東亜日報」 2019年6月25日)。このように現在の隣国は、約束を破り信用を失って排除されていくという事態を、世界中に起こしているのです。

韓国の反応

日本も国内の不法滞在者を叩き出して断交して欲しいわ!

アラブさんよ、悪いことは言わない。
断交予告なんてやめて、すぐにでも断交実行した方がいい。

ダムが決壊するのも相当な災厄だけど、原発はヤバすぎるでしょ。
韓国にインフラを作らせるのがどれだけ危険かという情報をもっと世界中で共有しないとさらなる被害が・・・。

突っ込みどころが満載ですね‼️出来上がったものに責任を持てないなんて、よくそんな条件で契約が出来たのですね‼️そりゃあ、相手も当然、怒りますよね‼️国交断絶となって原油が輸入出来なくなったら、もう、おしまいですね‼️御愁傷様‼️

「盗んだ設計データで作る患国」もアレだが、ソレで「盗んだ元に協力を求める」とか。更に「条件を付けて協力をする日本」も「何だか判らない状態」だな。普通は訴訟だろ?又、日本の「患国族官僚」とか「患国族議員」とかが「企業に圧力を掛けた」のでは?

出来もしない工事を盗み、モノマネ、手抜き工事で何でも出来ると勘違いする本当に困った国民性です。自国のみのインフラであれば、勝手ですが、他国にいつも迷惑を掛けるどうしようも無い国家です。本当に受注競争に入らないでもらいたい。

建築建設もそうだが、機械系産業でも基本を軽視して、さらに応用編の高等技術でも手抜きして楽したがる!職人さんを軽視侮蔑する民族だからそうなるわな、モノ造りの真髄を理解していない民族なのだよ!

ビルもダムも原発も何をやらせても駄目な国だが何処にでもしゃしゃり出て恥を晒す国。日本が出来る事は何でも出来ると名乗りをあげる所が痛い。イギリスやアメリカも韓国の痛い所に気付いたみたいだから世界中に知れ渡る日は近い。

賄賂でもつかましたんだろう。三等国、後進国のくせに原発なんかできるわけがない。アッラーフアクバル!!嘘つき南鮮はアッラーの怒りの炎に包まれるだろう。嘘つきに未来はない!!

まだまだ隣国について何も理解してない国がたくさんあるな。外国のことを笑えない。「オレオレ詐欺」が言われて久しいが、ちょっと前に、詐欺に係りそうになった人が、「そんな詐欺があっているのですか?」とまじめに言っていたそうです。マスコミで連日報道されていても、まったく気にしてない。一切の報道を知らない人たちがわが国にはまだいるのです。まだしばらく隣国の犠牲者は出てきそうですね。

ほんと、盗まないと何もできない国ですね。だから自国発祥ってのに異常にこだわるんですよ。あと、整形文化もそこに根底がある。外面だけでも良くするのは中身に自信がないから。日本人が自分のコンプレックスである一部だけ整形するのとは全く意味が違う。

ウーン~どっちもどっちって感じかな?こんな危険な物件を事前調査も入念にやらず何の実績も無い国に発注するなんて無知もいい処だね。それも選りによって韓国とは、いやはや恐れいった。K国やC国は受注することが最優先で物件が正常に稼働するか否かなどは眼中にない、概観が整っていれば中身は適当でいいのさ、どうせ手抜きなんだから。

その始まりは紀元いくらかは解らないが、かの国は長きにわたりシナに蹂躙されてきた。それに対応、対策する為、かの国は嘘という文化?が生まれそして育まれた。そしてその嘘の文化は21世紀の今でも営々と続き、そして嘘で対抗する必要もない国にさえ習い性となっているのだ。世界の常識とは逸脱している、と言う感覚はないらしい。

石油の備蓄の3分の1を消費した時点で状況を打開するため石油を求めて実力行使に及ぶ、という話がある。中国も日本も輸出国ではないが備蓄はある。軍事的に可能性の高い日本に戦略備蓄の譲渡を要求した最後通告を本人達は何の不思議もない当然の要求だと思って日本国及び日本人に突き付ける。

Post Comment