韓国騒然米国重大発表契約停止 壊滅続出

韓国騒然米国重大発表契約停止壊滅続出

米国に輸出された韓国製のコロナ診断キットが「使用中止論争」の中心に

米国メリーランド州日刊紙「ボルティモア・サン」は今月18日、「ラリー・ホーガン州知事が今年4月に韓国から購入した数十万件のコロナウイルス検査キットの信頼性に問題があることが明らかになった。米国全域の療養院で誤陽性が続出している」と報じた。

ラリー氏は韓国系のユミ・ホーガン(韓国名キム・ユミ)夫人と結婚して「韓国婿」として知られている。

4月に50万回分の新型コロナ診断キットを韓国から空輸した。この診断キットはFDA等が承認し、その後メリーランド州立大学研究所や各地の診断センターで使用してきた。

ボルティモア・サンはメリーランド保健施設協会Joseph De Mattos Jr.会長の主張を引用して「先週われわれは、メリーランドの少数の療養院が、

メリーランド大学研究所に送られたサンプルのうち誤陽性検査数十件を受け取っていたという事実を知った」と報じた。

DeMattos Jr.氏は「該当の施設は5月29日から毎週検査を行ってきたが、特にその多くは症状がなかったため、一つの施設から30人以上の陽性結果が出たのは異常だと考えた」と話したという。

この診断キット関連の実験を行ったメリーランド州立大学の広報担
Kevin P. Kelly氏は同紙に対して「われわれはもうこれ以上、

該当の診断キットは使わない」とし「まだ調査中なのでこれ以上はコメントできない」と明らかにしたという。

メリーランド州立大学は今月2~8日に陽性反応が出てきた検査室を調査したが、実験室の装備や運営からは問題を発見することができなかった。

ただし、ウイルス負荷や被検査者の年齢、試験の性能などが検査結果に影響を及ぼした可能性があると伝えた。

もうこれ以上韓国製検査キットは使わない!

韓国も真相把握に乗り出した。中央災難(災害)安全対策本部は21日、中央日報の電話取材に対して「外交部とともに事実関係を把握している」と明らかにした。

疾病管理庁関係者は「該当の製品は輸出用なので国内では使用していない」と説明した。

輸出用なので韓国国内にはありません!

そんなわけあるか!無責任だ!

診断キットを作ったLabGenomics関係者は「外信の内容が正しいなら、メリーランド州から資料や説明の要求があるはずだが、まだそのようなものは受け取っていない」と反論した。

続いて「記事内容のうち検査過程で汚染があったどうかも調べているようだが、正式に問題提起を受けていないため、まだ対応しないでいる」とし

「先週、米国FDAで行われた診断キット性能評価では優秀な評価を受けた。製品に問題があるとは把握していない」と付け加えた。

問題があるならメリーランド州から連絡があるはずだ連絡がないと言うことは問題ない!

トランプ大統領はこれに不満を表した。去る20日の記者会見で「ホーガン州知事は韓国にまで行く必要はなかった。マイク・ペンス副大統領にまず連絡していれば検査費用を削減できていた」と指摘した。

これに対しホーガン州知事側は反撃に出た。ホーガン州知事は米国向けのニュース専門放送局とのインタビューで

「もし新型コロナの検査数を増やすのに私が選んだ方法よりもっといい方法があるのなら、その道を選んだはずだろう」として、韓国製診断キットの空輸決定を後悔していないという意思を表した。

勝手に輸入すんな!金の無駄だ!!

他にいい方法があるのか韓国から輸入した事を後悔してない!

後悔しないって言ったよな!!

朝日新聞によると、厚生労働省は韓国製の新型コロナ検査(PCR検査)キットの日本国内の使用の可能性についての質問に

「韓国製キットは性能が具体的に把握されていない」とし「日本のPCR検査と同等の正確度をもっているかなどを確認しなくてはならない」という立場を明らかにした。

すなわち、韓国メーカーが生産した新型コロナ検査キットを日本国内で使うなら、まず“国立感染症研究所による性能評価を受けなければならないというのが厚労省の説明である。

ニュースを見た人々の反応を見ていきましょう。

感染最初期から、不適当で韓国検査キットは返品されていますが「購入費用」は返還されているのでしょうか?

だとすれば「大損害」ですよね?それとも「中国産検査キット」を箱だけ変えて出荷しているだけなのでしょうか?

検査キット生産施設を維持するのも並大抵ではないですよね。

検査具は所詮検査具で治療には役に立たない‼️
世界が求めているのは、治療薬と防衛薬だ‼️

そのどちらも韓国は製造出来ないのだ。そんな韓国には学ぶことは何も無い‼️それだけのレベルということなんだ。

そりゃ、表向き後悔したなんて言えば、某国からネットで誹謗中傷の袋叩きにあう上に、責任問題になる。
そういえば、慰安婦捏造記事の、植村なにがしも某国の奥さんだっけ?

検査に誤作動?司法判決から何でもぶれっ放しの国のすること。今さら感アリアリ。誰も驚かない。人の命を弄んでも、カネもうけ優先のk防疫。「韓国の婿」さん、k国に「帰化」したら!

韓国を支持する人は、浅はかな人が多いように思う。国ぐるみの詐欺師に騙されず毅然と対応して日本国民を守った。

案の定ダメな検査キットでした。採用していたら日本もアメリカ並に感染を広げてしまっていたかもしれません。あの国と接点を持つとろくな事になりません、他の省庁や企業も警戒を怠らない様お願いします。

今のままではK防疫すすめたテレビに出ていた人達は無罪放免の様です。ん~懲らしめたい。最も許しがたいのは、そいつらまた新たな間違え現在進行形だよ。きっと。

混ぜるな危険、Kの法則がついて来る!韓国国内用と輸出用と分けて生産していると言い訳しているけれど、本当ならそれも大問題だろ、嘘だろうけど

疑って付き合わないといけないことは痛い目を見てからになるんですかねえ。官民そろってズボラな韓国とは。

予想。州知事夫人に多額の寄付が贈られた事が分かり、責任を取って知事辞任。Kの法則からするとこうなるのだが。

日本メディアは、クゾである。あれだけ韓国を持ち上げ検査、検査、検査と報道しながら今は知らんぷり。報道の責任感が無い日本メディア、、、日本メディアの目的は印象操作だけである。

このような騒動を起こしてしまったお国さん、責任を感じないのかね。金儲けもいいが、すまなかった、申し訳ないの
一言ぐらいあってもいいのではないか。人命に関わることだけに、そういう姿勢が見られないのが残念です。

早速このニューズが表面に出ましたね。メリーランド州に永年住み、ボルテイモア- サン と言う名の新聞を永年講読しています。
まず、コロナ対策は、各州の知事が中心となっておなって行っています。

リーランド州知事、ラリー ホーガンさんは、トランプ大統領がばかなことを言ってた時もしっかりと各研究者やそれらの機関と相談し

(ボルテイモアには、メリーラド州大学の医学大学院、ジョーンズ ホプキンズのそれ、更に、NIH と呼ばれる、国立の医学医療研究所もある、医学に関する豊かな州です)、彼は大変よくやっていました。

さて、この動画のテーマであるけんさきっとをK 国から買う前に、4月頃でしたか、医療機関や老人ホームの職員でさえ誰もがマスクを手に入れる事ができなかった時に

Mrs. ユミ ホーガンが韓国-米国人であることから何らかのつてで、韓国から沢山のマスクを調達しました。

(メリーランド州にも韓国人が大勢いますので、様々な連携、協力の繋がりは強い事でしょう。)、

マスクは州が買ったのか、寄付だったのかは知りませんが、そういった事が、検査キットを輸入することにつながったのは想像に固くはないでしょう。

そのきっとは、メリーランド医学大学院の研究所でずーっと調査をしていたところ、不信が多くあった、そして、検査結果に陽性が正しくない、不信が多いと解ったとのこと。

検査キットは、””LabGenomics””という会社が造った。210,000 のLabGenomics の検査キットが9月15日までの過去60日に使われたがまだ何百何千もの未使用品をどうするかは不明である。

これを知事が買ったときは””神からのお授け”” とかんじたが、結果的には、むしろ空箱だった方がよかったのに と思う。

とある州の議員が言った。
他の議員は、州は約1200万ドルの巨額をこのテストキットに費やしたのに、今となっては12セントの価値もない,と言いました。

この経験から、今後はもっと多くの目で検討するべきだと結んでます。我らの知事は悔しい、恥ずかしい、苦いお思いでしたでしょう。ホーガン知事、頑張って!