Tag Archives: 洋画

レッドライン/REDLINE

ストーリー】 限界突破。これが、カーアクションのREDLINE(限界)。超豪華スーパーカーが奇跡の競演、CGを極限まで削ぎ落とした驚異の実写クラッシュ映像でアンディ・チェン監督が描く本格カー・アクション。抜群のドライビングテクニックを持つナターシャ(ナディア・ビョーリン)は、レーサーの父が事故死してからはハンドルを握るのを封印していた。しかし、公道での違法な賭博レースに興じる男たちの策略によって、彼女は賭博レースに出場するハメに。圧倒的スピードで勝利するも、彼女はさらなる陰謀によって誘拐されてしまう。ナターシャは、賭博レースで弟を亡くしたカルロと力を合わせ復讐を誓う。そして、遂に訪れた最終決戦の時、彼女は対戦相手の中に、かつて父親を死に追いやったレーサーを見つけ・・・。 続きを読む

蒼い衝動/LES EXPLOITS D’UN JEUNE DON JUAN

【ストーリー】 現代フランス文学創始者のひとり、ギョーム・アポリネールの原作を映画化したエロティック・ロマンス。監督は、ジャンフランコ・ミンゴッツィ。1914年、16歳のロジェは、学校の寮生活を離れてフランスの田園地方にある広大な屋敷に住む家族の元に戻っていた。やがて第一次世界大戦が勃発し、父や村の男たちが出征したことで、彼は、大きな屋敷に残された唯一の男となる。若く、好奇心に溢れるロジェは、メイドのウルシュールを相手に初体験をすませると、彼女に導かれて家政婦やシェフ、叔母ら屋敷に残された年上の女たちと次々に関係を持ち、愛の手ほどきを受けていく・・・。 続きを読む

地平線のキックオフ/HORISON BEAUTIFUL

【ストーリー】 2013年スイス/エチオピア製作、日本劇場未公開作品。メッシに憧れる12歳のストリート・キッズと、収賄疑惑にまみれたサッカー業界の大物の男との珍妙な旅路を、ステファン・イェーガー監督が描いたヒューマン・ドラマ。第20回京都国際子ども映画祭でグランプリを獲得。主役のアドマス役に抜擢されたヘノック・ターデレは、実際に身寄りのない路上生活少年で、本作の出演がきっかけで、住む家を得て学校にも通えるようになった。身寄りのないアドマスは12歳、スラムでしたたかに生きている。彼の住むアディスアベバに、サッカー業界の大物・フランツがやってきた。アドマスにとって、自分のボールテクニックを見せ、プロのサッカー選手になるまたとないチャンス。だが、フランツには近づくこともできない。アドマスは、悪党グループにフランツを誘拐させ、自分が救い出してヒーローとなり、彼に近づこうと目論むが・・・。 続きを読む

待つなジャンゴ引き金を引け/NON ASPETTARE, DJANGO…SPARA!

【ストーリー】 日本劇場未公開作品。ショーン・トッドことアイヴァン・ラシモフが、マカロニウエスタンの人気キャラクター・ジャンゴに扮した復讐劇。監督は、エドアルド・ムラルジア。悪党団の首領アルヴァレスの使いと称する大勢のならず者たちが、とある牧場に押しかけて、アルヴァレスに馬を売った牧場主に対し、馬を受け取っていないと言いがかりをつけて、牧場主を惨殺した上、馬の代金の10万ドルを奪って逃げ去っていく。その悲報を聞いて故郷に舞い戻った牧場主の息子のジャンゴは、おじや妹のメリーが制止するのも聞かず、アルヴァレス一味に対して復讐することを心に誓い、勇猛果敢に戦いを挑んでいく・・・。 続きを読む

奇跡の丘/IL VANGELO SECONDO MATTEO

【ストーリー】 無神論者であるピエル・パオロ・パゾリーニ監督の名を、一躍有名にしたイエス・キリストの物語を描くドラマ。「マタイ福音書」のテキストをそのままセリフに用い、キリストの生誕から磔刑、そして復活までを描き出す。イタリア南部を中心に壮大なスケ-ルのロケーション撮影を敢行し、誰も見たことのないキリストの生きた時代と実像をえぐり出す。予言者の言葉通り、ヘロデ王の代にべツレヘムの大工ヨゼフの婚約者マリアは、聖霊によって懐妊し、生まれた子はイエスと名づけられた。迫害を逃れるため行っていたエジプトからイスラエルにもどり、ガラリヤで成人したイエスは、ヨハネのもとで洗礼を受けた。その時、天から声かひびきわたり、イエスが神の子であることを告げた。彼はただひとり、荒野で40日間の断食、さらに悪魔と対決し退けた。その後、イエスはガラリヤ全地を巡り歩き、教えを広め始めるが・・・。 続きを読む

Dr.パルナサスの鏡/THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS

【ストーリー】 鏡の中は、わがままな願望でいっぱい。『ダークナイト』のヒース・レジャーの遺作となった、『未来世紀ブラジル』、『バロン』のテリー・ギリアム監督によるミステリアス・ファンタジー・アドベンチャー。1人の少女を助けるため、現実世界と不思議な鏡の中の幻想世界を行き来する主人公の姿を、イマジネーションあふれるヴィジュアルでファンタジックに描き出す。2007年、パルナサス博士の率いる旅芸人の一座がロンドンの街にやってきた。博士の出し物は、人が密かに心に隠し持つ欲望の世界を、鏡の向こうで形にして見せるイマジナリウム。鏡をくぐりぬけると、そこにはどんな願いも叶う摩訶不思議な迷宮が待っている。しかし、博士には秘密があった。それは、たった1人の娘が16歳になったとき、悪魔に差し出すという約束をしたこと。タイムリミットは、3日後に迫った娘の誕生日。一座に加わった記憶喪失の青年トニーとともに、博士は鏡の迷宮で最後の賭けにでる。彼らは、娘を守ることができるのか・・・。 続きを読む

ディープインセクト/INSECTULA!

【ストーリー】 2015年アメリカ製作、日本劇場未公開作品。隕石地球飛来、巨大生物出現、残るは絶望のみ。巨大昆虫型生物と地球防衛軍の戦いを描くモンスター・パニック。監督は、マイク・ピーターソン。地球とは異なる生態系を持つ惑星から飛来した巨大隕石。なんとか衝突は回避できたものの、それには未知の宇宙生物が付着していた。地球の重力で巨大化し、二酸化炭素の影響で凶暴な怪物となったそれは、人類を襲撃し、世界はパニック状態に。事態を重く見た米軍は、攻撃ヘリ、戦車で総攻撃を試みるも、空を飛び鋼鉄のような甲殻を持つモンスターに全く歯が立たない。果たして、人類はインセクチュラと呼称されたこのモンスターに打ち勝つことは出来るのだろうか・・・。 続きを読む

ドローン・オブ・ウォー/GOOD KILL

【ストーリー】 劇場公開、2015年10月1日。『ガタカ』のアンドリュー・ニコル監督とイーサン・ホークが再びタッグを組み、無人戦闘機ドローンにより、戦地に行かずして空爆を行う現代の戦争の実態と、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しめられるドローン操縦士の異常な日常をリアルに描く戦争アクション。アメリカ空軍のトミー・イーガン少佐(イーサン・ホーク)は、ラスベガスの基地に設置されたコンテナ内で無人機ドローンを遠隔操作し、1万キロ余りも離れた異国でのミッションを遂行している。クリックひとつでミサイルを発射する爆撃は、まるでゲームのように現実感が欠落していた。トミーは一日の任務を終えると、車でラスベガスの歓楽街を通り抜けて、整然と区画された住宅街のマイホームへ帰る。そこには、美しい妻モリーとふたりの幼い子供との生活がある。これが彼の日常であり、異常な現代の戦争の姿だった・・・。 続きを読む

ア・ヴィジランテ(原題)/A Vigilante

【ストーリー】 米公開、2019年3月29日。日本公開未定。オリヴィア・ワイルド主演、DV被害をバイオレンスを交えて女性の視点から描くクライム・サスペンス。監督・脚本は、本作が長編デビューのサラ・ダガー=ニクソン。過去にDV被害を受けた経験を持つサディ(オリヴィア・ワイルド)は、モーテルを転々としながらクラヴ・マガの厳しい訓練を重ねて体を鍛えあげていた。夫から暴力を受けているという女性から助けを求められると、サディは加害者の男に容赦なく鉄槌を下し、財産を妻に譲る契約をさせて二度と姿を現さないように通告するのだった。一方、サディ自身もかつて暴力をふるわれた夫を探し出そうとしていたが・・・。 続きを読む